天皇賞秋は距離短縮の○○で万馬券!? シェイルの競馬予想図

未来予想図

目次:

  1. はじめに
  2. 天皇賞秋2023出走馬解説
  3. 距離短縮の穴馬を徹底解説
  4. 天皇賞秋展開予想
  5. シェイルの天皇賞秋予想印
  6. 最後のまとめ

1: はじめに

こんばんは、シェイルです。先週の菊花賞はドゥレッツァが奇想天外な競馬で圧勝を飾りました。2着にタスティエーラ、3着にソールオリエンスという事もあり、牡馬にも怪物がいましたね。ドゥレッツァが古馬相手にどんな競馬をするか今から楽しみです。 

 そして、今週末には天皇賞秋が行われます。出走馬には、世界№1ホースのイクイノックスに、ダービー馬のドウデュースとダービー以来のライバルの対戦に加え、その他も豪華メンバーが揃い注目の一戦となりましたね。

府中の2000mは、力勝負が見れるコースです。今年は3歳世代の参戦はありませんが、古馬の真の王者を決める最高の舞台設定だと思っています。そして何より、ウオッカとダイワスカーレットの歴史的レースみたいなあの興奮を再度味わえると思っているので、今回のレースが今から楽しみです。ここも、全力で予想して必ず的中したいと思ってます!!

2: 天皇賞秋2023出走馬全頭解説

まず予想の上に全馬しっかり見極めて、私なりに研究しましたので、枠順ごとに1頭1頭解説していきたいと思います。

ノースブリッジ

先行力のある馬で、前目に運べるのは今回小頭数なこともあり有利。しかし決めて比べに弱いので、東京コースでこの相手だと正直複勝圏内はイメージできない。

エヒト

小倉記念は内をそつなく回れて、ハンデも背負っていたが勝利。しかし続くオールカマーは見所なく完敗。左回りも疑問符。

ドヴデュース

久々にダービー馬がG Iの舞台に帰ってきた。去年のフランス遠征は馬場悪化に尽きる。今年の京都記念は強い競馬だった。ドバイ取消で久々の競馬になるが、さすがに人気になりすぎかなと。パドック見てですが、個人的には3着までかなと。

ダノンベルーガ

前走の札幌記念は馬場が合わない中4着と頑張った。ドバイターフを見ても、やはりこの馬はワンターンの左回りの競馬がベスト。できれば究極に脚を溜めて、最後外に出す競馬が見たい。

ガイアフォース

オールカマーはマイルから距離延長ときつい競馬だったが、最後まで見せ場はあった。今回距離短縮で東京で先行する馬の中では1番魅力がある。

ジャスティンパレス

天皇賞・春秋連覇の資格があるのはこの馬だけ。宝塚記念も最後懸命に伸びていた。距離が短いと言われているが、もともとは中距離ベストと思ってる。先行できれば面白い。休み明けも○

イクイノックス【日本ダービー馬】

世界No. 1ホース。鞍上もルメールで鬼に金棒。前走は内回り2200mという不向きな条件もなんなく克服。東京コースベストで正直負ける姿があまり想像できない。極上の瞬発力を期待。

ヒシイグアス

近2走負けていて去年までの勢いはない感じ。天皇賞秋は7歳の馬の3着内がないしここは買いにくい。

プログノーシス

最後必ず追い込んでくる堅実な末脚の持ち主。前走は重い芝で圧勝だが、本来軽い馬場でこその感じもする。少し外枠かなと思うが頭数的にも気にするほどじゃないので期待。

ジャックドール

唯一の逃げ馬だが、少し外枠に入ってしまったなという印象、東京コースの勝ち鞍もあるが、そこまで大歓迎とも言いづらい。ため逃げではなくある程度ラップを刻んで逃げたら面白そうだが果たして?

アドマイヤハダル

前走はソングライン、シュネルマイスターと差のない競馬。最速の上がりだったしここでも。相手なりに走れてしまう一面が出れば穴候補。

以上が私なりに全頭チェックした際に、感じた各馬の印象です。皆さんの予想の少しでも参考になれば嬉しいです。

3: 距離短縮の穴馬を徹底解説

天皇賞秋の東京2000mは、皆さんもご存知の通り、外枠不利が有名ですよね。他に注目して欲しいデータは年齢も重要で天皇賞秋は4.5歳が特に成績は良く、6歳以降の馬はほぼ複勝圏内に入っていません。このデータからもわかる通り、4.5歳の馬から狙うのが妙味有と思ってます。今回の天皇賞秋で、4.5歳馬の中で、フォーカスしたい馬は2頭【ガイアフォース】と【ジャスティンパレス】です。ガイアフォースのお父さんはイクイノックスと同じキタサンブラックで、今回距離短縮の先行馬で面白いなと。またジャスティンパレスはディープインパクトを父に持ち、今回距離短縮が理由で人気を落としていますが本来は中距離ベスト。前走の負けで2頭共人気が全然ありませんので、一発を期待しています。

4: 天皇賞秋展開予想

逃げ:ジャックドール

先行:ノースブリッジ・ガイアフォース・ジャスティンパレス

差し:エヒト・ダノンベルーガ・イクイノックス・ヒシイグアス・アドマイヤハダル

追込:ドウデゥース・プログノーシス                                                                                                                  

逃げるのはジャックドール。下手したら内枠利してノースブリッジが逃げる可能性もあるかなと。ただ思い切って藤岡騎手が逃がすと思います。私の見解では、スローの瞬発力勝負かなと。有力所に差しタイプが多いのでジャックドールが大逃げしたら面白いです。去年のパンサラッサまでとは言いませんが(笑)展開的に先行馬がどれか一頭、予想外に抜け出す構図もぼんやり予想しているので、その馬がガイアフォースジャスティンパレスのような気がしています。

5: シェイルの天皇賞秋予想印

これほどまでかというメンバーが揃った印象ですし、小頭数ですが、ちょい荒れくらいは十分考えられます。秋華賞も菊花賞も人気馬での決着でしたので、ここは荒れてほしい願望を再度持っています。上位人気馬には不安材料が今回あまりありませんが、競馬に絶対はありませんので、攻めの予想をしていきたいと思います。

◎イクイノックス

○ガイアフォース

▲プログノーシス

△ダノンベルーガ

△ドウデゥース

※ジャスティンパレス

イクイノックスがここを快勝してリバティアイランドとのJCで頂上決戦と予想します。今回もルメール騎手を買います。対抗に今日短縮で一変のガイアフォース。あとは素直にドウデゥースとダノンベルーガとプログノーシスで穴馬予想でジャスティンパレスも買います。とにかく個人的には、ガイアフォースとジャスティンパレスが来ないとダメな馬券で勝負しようかな。

最後のまとめ

最後に、今回の記事の要点を振り返ります。距離短縮の4歳馬が果たして穴をあけるのか!ドウデゥースとイクイノックスが力を出し切って堅い決着になるのか?とちらにしても天皇賞秋のレースが今から楽しみです。東京コースは直線長いですし、本当に面白いです。最終的な予想については、当日の馬場傾向、枠順傾向、パドックを加味して判断したいので、わたくしX(Twitter)も日々更新してますので、そこで最終予想はポストします。もし良かったら見てください。

タイトルとURLをコピーしました